ニキビ肌から改善するための基礎化粧品を購入

ストレスなのか、体質なのか、それすら曖昧ですが、ニキビ肌で悩んでいました。皮膚科で処方される薬だったらすぐに治るのかもしれないけれど、どうしても病院に行くのをためらっていて、そんなときに見つけたのがニキビ肌専用となる基礎化粧品でした。

ニキビ肌に積極的に働きかけることが謳われていて、しかも、近場のドラッグストアで手に入るのも魅力でした。なめらかな肌に憧れていて、これまでにもドラッグストアではニキビに効く薬用クリームを使っていました。

赤いニキビや白いニキビが額や鼻下にできることがあって、男子の目もあるから、早く治したいときにナイトケアに使っていました。こんもりと白いニキビなどに乗せて、そのまま眠りにつくだけで、翌朝にはニキビがひいていました。

ですが、今回使ったのはメイク落としだったり、洗顔料や化粧水などの基礎化粧品です。今までもシートで拭き取るメイク落としを使っていたり、家族と兼用している化粧石鹸を使っていたのですが、よくよく調べてみると肌に負担をかけていたようでした。

ニキビにしっかり効果がでるものを使う、ここがポイントになっていました。ノンコメドジェニックテスト済みというのが選び方としては適しているようで、AHA、ビタミンC、ビタミンE誘導体などが配合された化粧水などをシリーズで購入しました。

ニキビ肌でしたが、白いニキビや赤いニキビのみならず、気になるのが毛穴のつまりだったり、テカリです。クレンジングでは気になる毛穴つまりや黒ずみをすっきり落としてくれます。

私が以前使っていたシートは、汚れを毛穴の中に押し込んでしまっていて、雑菌の温床だったようです。それだけでなく、肌を擦るようにして拭き取っていたのもダメだったようでした。

確かに、ニキビがつぶれてしまっていて、跡になってしまい、肌のターンオーバーを繰り返してようやく薄くなっています。そうしたデメリットを今回の基礎化粧品シリーズならカバーできると思っています。

使い勝手もよく、肌にピリピリした刺激も今のところありません。これなら肌に負担をかけずにしっかりニキビをケアできそうです。もちろん、クレンジングや洗顔料を一新させたから、メイクを楽しめるようにもなっています。